読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓流の中心で愛を叫んでやる!

韓国ドラマの私的感想、K-POPアイドルのこと、韓流ライフ、好き勝手におしゃべりしてます。

168 私の母5 

■ 20代も中盤に差し掛かると、付き合っている人がいようといまいと結婚を考えるようになります。

友人もひとりふたりと結婚していき、結婚披露宴にも呼ばれ、結婚を意識する機会が増えてきます。(*´ノ∀`*)

私の20代中盤は、趣味に没頭していた時期です。周りが結婚しても、披露宴に何を着ていくか考えることを優先していました。

披露宴に行っても、花嫁そっちのけで自分の写真ばかり撮っていました。f(^ー^;

f:id:sadahamu:20170131090140j:image

■20代を謳歌していたある日曜日のことでした。 その日の朝刊に結婚相手を探してくれる会社のチラシが入っていました。(-)_(-)

当時はネットもありませんでした。雑誌や新聞のチラシでよく見かける全国区並みに名前が知られていた会社でした。

そのチラシを手にとりが言いました。

「ほら、登録したら?でも、親が知らないだけで、付き合っている人がいるんだろうな」( ゚ェ゚)

私は趣味に没頭していたので、男のことなどどうでもよかった時期でしたが、私が返事をする間もなく母が即答しました。( ゚Д゚)

「おとうさん、彼氏がいたら、日曜日にこんなふうに家にいないでしょ‼」(;゜∀゜)

確かに事実ですが、少しは年頃の娘の心情を考えて欲しいと思います。( T∀T)

私の母はこんな母です。

🌻女の鋭さ、母の洞察力に完敗。 

⏪つづく⏩