韓流の中心で愛を叫んでやる!

韓国ドラマの私的感想、K-POPアイドルのこと、韓流ライフ、好き勝手におしゃべりしてます。

247 ウチの子 2

■便宜上、子どもの名前を「クマ」として、今回も保育園のころのお話しをしたいと思います。(^.^)

真夏の夕方4時ころ、私は庭に干した洗濯物を取り込んでいました。子どもは庭で、シャボン玉をしていました。(^_^)

最初はシャボン玉の数が少なかったのですが、次第に上手になりました。それがうれしかったようで、ハマりにハマっていました。(^ー^)

f:id:sadahamu:20170703101227j:image

■子どもが私に話しかけてきました。(^∇^)

「おかあさん、このシャボン玉ぜ~んぶお菓子だったらいい?」 

子どもらしくて、なんてカワイイことを言うんだろうと思いました。(≧∇≦)b

「お菓子だったらいいのは、おかあさんじゃなくてクマちゃんでしょ」

すると子どもがすかさず言いました。

「ううん、クマちゃんはね、お・か・ね!

…………………………………………………………………!щ(゜▽゜щ)

f:id:sadahamu:20170704112455j:image

■このころ、私は子どもにチョコレートを食べさせていませんでした。(-ε- )

ある日、近所のお友達からチョコレートをもらい、味を覚えてしまいました。( ;∀;)

まだ保育園児なのに、このとき以来、子どもの好きな色が茶色になりました。

┐(-。-;)┌ ┐(-。-;)┌ ┐(-。-;)┌ ┐(-。-;)┌

🌻ウチの子は、自分が帰宅したのに「おかえり~」と言う。

⏪つづく⏩

 

広告を非表示にする